スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾産のマンゴー。

家で初めてマンゴーを食べました。
八百屋に並んでるのを見たら、なんだか無性に食べたくなったのです。

ph-005 026

見よう見まねで適当に切ってみたらちょいと不細工な感じになったけど、
冷えてて甘くてチョーウマーーーーイッ!!

ph-005 033

という、マンゴー感想はさておき、
いきなり話し変わりますが、

いちおうこれでも『食料自給率』を上げることはたいせつなことだと思っているので、
無差別にうまいものを食べて「チョーウマーーーーイッ」ってなことばっかり言うつもりはありません。
(ん!?ついさっき言ってたような…)

ただ、ちょいと思ったのです。
「台湾産のマンゴーを食べることはそもそもどうなんだ?」と。

国産のマンゴーが4,000円。
台湾産のマンゴーが300円。

台湾産のマンゴーをしょっちゅう買うつもりはありません。
かといって、国産のマンゴーを自分で買って家で食べることはないと思います。

国産のマンゴーの値段をどうこう言うつもりは全くないですし、
差別化しようとしてつくっているものを同じ土俵で比べることがナンセンスなのかもしれませんが、
やっぱり外国産マンゴーをこうも気軽に食べれるのもあんまりいいことではないのかなと思います。
いや、いいこともある。
いろんな食材と出会えるということは食文化の深まりにつながるはず。

どないすればいいんだろ?
もう少し、関税がかけられたらいいのかなぁ?

かといってそんなことはこのご時勢簡単にはできないことだし…
うーん、難しい。


…日本の夏はスイカですかね?






にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へBLOG RANKING !







スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


Calender

Monthly

Favorite Blogs

↓[PR]は僕とは関係ありません。


Comments

Time

Topics

Category

Truckbacks

RSS

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

LINK

by FC2

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。