スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩会 酒。


塩会。テーマは塩。

やってみたらオモシロかった。


でもね、テーマは自分がやってみたかった自己満足だから正直なんでもいいのです。

みんなと食って飲んで楽しく過ごせりゃそれで良いのです。




080131 047

これはNのオカンがつくった手づくりの日本酒。

ラベルの絵もオカンメイド。

すごいねえ。

しかもウマいんだこれが。


080131 049

楽しく仲間と呑む。

オイラ幸せもんだね。


塩会はすげぇ楽しかったっす。




スポンサーサイト

塩会レポート 土鍋ごはん


塩会。テーマは塩。

今度の塩は『アサリが持ってる塩味』。

アサリからとったダシで飯を炊く。
土鍋で。

それに塩釜焼の魚の身をちょいと乗せて食う。


ウマイに決まってる・・・


080131 022




080131 024

080131 063

080131 065

塩会レポート 塩釜焼き


肉を食ったら、魚も食いたくなるでしょう。
それが余の常人の常。


080131 026

イワシたらタイたらサヨリたら貝などを

掟破りだけど、全部まとめて「塩釜焼き!!」



080131 061

素材の厚みとか水分量とか違うからほんとは一緒にせん方がいいんだけど、ここは家呑み。
オーブンの大きさには限りあり。

そもそも細かいことは気にしない!

とにかくウマくて楽しいから何でもOK!




塩会レポート すだち薫るパスタ。


塩会も続き、次は麺。

パンチェッタで味を出したパスタ。
スダチをサッと絞って爽やかにでも味わい深く食べる。

秀逸。

080131 056

塩会レポート。 パンチェッタを・・・。


塩会のつづき。

仕込んだ『パンチェッタ』をいよいよ食べる。

ベーコンのように炙って食べたり、
サッと炒めてジューシーに食べたり、
茹でて薄く切ったパンチェッタに姫ネギを巻いて特製味噌ダレで食べたり。

自分で言うのもなんだけど、想像を超えるうまさだった。

みんなも喜んでくれたしウレシイ。


080131 044

080131 043

080131 045

塩会レポート。 パンチェッタ


『塩豚』なるものがありますよね。
塩揉み込んだ豚。
水分が抜けて味が凝縮。
ゆでたりしてもおいしく、保存もきくイカスシロモノ。

イタリアとかどっかそっちの方で、塩豚よりもっと時間をかけてガッツリ熟成させた『パンチェッタ』なるものがあります。

せっかく塩がテーマなんでチャレンジしてみました。

ちなみにパンチェッタつくるときにハーブとかコショウとか加えて、そいつを燻製したものが、かの有名なベーコンです。


080131 005

つくり方は割愛しますが、塩を揉み込み熟成させます。

日ごとにだんだんと濃い赤色になる。
生命力が高まっていく感じ。

う~ん神秘的。


・・・てか、オイラ暇なのか?


080131 016

塩会レポート。②


塩会。
テーマは塩。

何の変哲もないお酒の肴にもはらはらとアンデスの紅塩をかけて楽しむ。


オイラこの『茹で落花生』、かなり好きなのです。

落花生を塩茹でして茹で汁ごと放置したシロモノ。

落花生が柔らかくてウマイ。


でも、今回時間が足りず、ゆでては見たものの柔らかくなりきらず・・・

別にまずくはないけどとくに感動もない、「ちょいとだけ柔らかいピーナッツ?」みたいなシロモノになっておりました。

ハハハ、そんなんキニシネェ。


080131 034

塩会レポート。


以前「塩会(えんかい)」という宴会を開いた。

ひらたく言えば、『塩』をメインにした、家呑み。

例えば、下の写真の「アンデスの紅塩」とか、いろいろと塩を中心に構成してみた。

楽しかった。

記録がてらこれから数日ちょいちょいとアップしてみようと思います。



080131 015

アンデスの紅塩はそのものがなかなかにウマイ。

なのでまずは、野菜たちにはらはらとかけて楽しんでみた。


080131 030

みずみずしい野菜はウマイ。

ちなみにこの横たわってる緑いやつは『オータムポエム』とかいうメルヘンチックな名前の野菜。

菜の花っぽいけど、エグさもなくマルイ味わい。



080131 027

東京ど真ん中。


たまに「丸ビル」とか東京ど真ん中界隈を歩いて見ると、

ビジネスマンになったかのような妄想を味わえる。


まあ実際の自分はというと、反比例するように原始人化が進んでますけどね。

手羽先の唐揚げは骨まで食べましょう☆


clip-87345 026


clip-87345 025


タイトルなし

1243917122-CA390586-0001001.JPG
テスト

?S◇Yamamoto?

味は記憶をつなぐもの 2


きのうに引き続き食いもんの写真から映像の記憶をひも解く。

ここは神楽坂だ。

古民家風のつくりで僕のお気に入りの居酒屋のひとつ。

接客が(たいがいのときは)とってもいいのです。


2009clip 300

2009clip 301

2009clip 304

神楽坂 『MASU MASU』 これは間違いないっす。


味は記憶をつなぐもの。


写真を見直すとよく思う。

「これ何だっけ?」って。

酔っ払ったりしてると記憶の定着が悪くなるもんです。

次の日練習でアタマ殴られようもんならもうその記憶は忘却のかなた、ほぼ消去です。

でも、食べもんの写真は、見るとカラダに刻まれた味の記憶がよみがえってきて、
それが脳のひきだしを開けて、
下手すると夢の一風景とごちゃ混ぜになりそうだった出来事の映像がよみがえってくる。

なんてことがよくあるから写真を撮る、っていうのも食いもんの写真を撮るひとつのモチベーションだったりします。

ちなみにここは渋谷だ。

マンションの一室をリニューアルしたなかなかおもろい店だった。

・・・と思う。




177.jpg

176.jpg

174.jpg

渋谷 『dougenzaka #202』 だったかな?



Calender

Monthly

Favorite Blogs

↓[PR]は僕とは関係ありません。


Comments

Time

Topics

Category

Truckbacks

RSS

Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

LINK

by FC2

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。